シンガポール / リトルインディア旅行記

スポンサーリンク

エキゾチックなリトルインディア / Little India

多民族による都市国家、シンガポールの魅力は、各エスニックのコミュニティの拠点となる地域があることです。中国系のチャイナタウン、マレー系の住民のコミュニティだった、現在はアラブストリート周辺にあたるカンポングラム、そしてインド人が多く住むリトルインディアです。

リトルインディアでは、シンガポールにいながらエキゾチックなインドの香りを満喫! スパイスやお香の香りをかぎつつ、小さなおショップ巡り、ヒンズー寺院の見学、そしてインド料理に舌鼓を打つという楽しみがあります。

リトルインディアはメインストリートであるセラングーンロードを中心に、そのセラングーンロードから左右に入る小さな道で構成されています。それぞれの通りに特徴があるので、セラングーンロードと小道を行き来しながら散策するのがお勧めです。

シンガポールに滞在予定の方は、最大75%OFF!ホテル・リスト&口コミ・評価もチェック!

Little India Artesia CA
Little India Artesia CA / FredMikeRudy
Little India, Singapore
Little India, Singapore / Khalzuri
Little India, Singapore
Little India, Singapore / Khalzuri
最新! リトルインディア旅行記 リンク集
シンガポールの格安ホテル検索&口コミ・評価
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ・評価・感想などのレビュー情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!
[ad#Adsense 336 280]

リトルインディア旅行写真ギャラリー

18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘LittleIndia,travel’)); ?>

リトルインディアの詳細地図

リトルインディア / Little Indiaへの移動・交通アクセス

リトルインディアへのアクセスは、MRT北東(ノース・イースト)線の利用が便利です。リトルインディア駅とファーラーパーク駅の2駅の東側がリトルインディアです。線路と平行に走っているセラングーンロードに沿って歩けば、リトルインディアを効率的に回ることができます。

リトルインディアの旅行・観光スポット

リトル・インディア・アーケード – Little India Arcade
セラングーン・ロードを挟んでテッカ・センターの向かいにあるアーケード街です。 インド系のCD、アクセサリー、テキスタイル、香辛料、サリーなどを扱うショップが入っています。ショップハウスの集まりだった場所が、歴史的景観保存の再開発され、ショッピングアーケードへと生まれ変わっています。インドの服やじゅうたんなどを扱う「ハンドルームス(Handlooms)」などが人気です。
テッカ・センター – Tekka Center
シンガポール最大規模の、モダンなマーケットです。 入り口近辺は、ホーカーズ。その奥がK.K.マーケットと呼ばれる市場です。 1階は新鮮な果物、野菜、魚、肉、香辛料などを扱っています。 2階にはインド系の衣料品などを扱う店などが入っています。
テッカ・モール – Tekka Mall
スンゲイ・ロードを挟んで2つの建物で構成されているショッピング・センターです。 西側の棟は通常のショッピングセンターで、東側の棟にはフード・コート、そして 食料品や日常雑貨の売り場。
ムスタファ・センター – Mustafa Center : Mustafa Online
24時間営業の激安ショッピング・センターです。 ブランド化粧品、電化製品、パソコン、インド音楽CD、豊富な種類のインド食材を扱うショップが入っています。
スリ・ヴィラマカリアマン寺院 – Sri Veeramalaiamman Temple
シヴァ神、ヴィシュヌ神、カーリー神を祀ったヒンドゥー教寺院。 極彩色に輝く神像、熱心に祈るヒンドゥー教徒の姿が見られます。
スリ・スリニバサ・ペルマル寺院 – Sri Srinivasa Perumal Temple
1985年に建立されたヒンドゥー教のヴィシュヌ神を祀る寺院です。 極彩色の9層のゴームラム(高門)をはじめ、鮮やかな彩りの神像、宗教画があります。 セラングーン・ロード沿い、ファーラー・パーク駅近く。 休み:無休
スリ・バデパティラ・カリアマン寺院 – Sri Vadapathira Kalimman Temple
1870年ごろ建立された、ヒンドゥー教寺院です。 カーリー神を祀っており、ゴープラム(高門)をはじめ、数々のヒンドゥー教の神像が鮮やかです。
マスジッド・アブドゥル・ガフール – Masjid Abudul Gafoor
ムーア式と南インド式が融合した美しいモスク。
千燈寺院(シャカ・ムニ・ブッダガヤ寺院) – Temple of Thousand Lights
1927年にタイの僧侶、プティーサーサラ師によって建立された仏教寺院。 高さ15メートルの仏像を、108個の法燈が囲んでいます。
龍山寺 – Leong San See
1917年に建立された道教の寺院です。奥の祭壇には観音像が祀られており、屋根には龍の彫刻があります。 レース・コース・ロードを挟んで千燈寺院の斜め向かい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です