マレーシア / ランカウイ旅行記

スポンサーリンク

手付かずの自然とビーチがあるランカウイ

マレーシア半島の西海外にあるランカウイ島は、今、大注目のリゾート・アイランドです。「ラン」とは鷹、「カウイ」は大理石を意味する言葉で、美しい海で知られるアンダマン海に浮かぶランカウイ島を中心に周辺の98の島々を含めた群島があります。

ランカウイ島は、太古の森とエメラルド色に輝くの海に囲まれたシークレット・アイランド。ランカウイ島には数々の伝説が島内に残されており、伝説の島として知られています。実は、マレーシアの元首相のマハティール氏の出身地でもあります。

ランカウイは美しいビーチがありながら、観光地ずれした他の有名リゾート地とは無縁な佇まいが魅力です。街を少し出れば、のどかな田園風景が広がり、島の北部にはマングローブ樹林。手付かずの自然が大きく広がっています。都会の喧騒から離れ、時間が立つのも忘れてしまう、「秘密の南の島」を堪能したい方には、ぴったりの場所です。

また、マレーシア政府は、ランカウイを「第2のペナン」にしようと、1987年には島全体をフリーポート化して、一切の間接税を無くしています。島全体が免税となっているため、驚くほど物価も安いことも魅力です。

日本ではここ数年、多くの代理店が新規ツアーを設定したり、多くの媒体を通じて広告を掲載するなどの効果もあり、徐々にですが知名度が上がり、旅行者も増加傾向にあります。

2004年12月末に襲ったインド洋大津波で被災しましたが、ランカウイは比較的被害が少なく、現在は復興しています。

ランカウイに滞在予定の方は、最大75%OFFのホテル・リストもチェック!

Langkawi
Langkawi / FullofTravel
Langkawi by cable car 2 (Enhanced)
Langkawi by cable car 2 (Enhanced) / AndyLawson
Langkawi
Langkawi / liewcf

最新! ランカウイ旅行記 リンク集

ランカウイの格安ホテル検索
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!
[ad#Adsense 336 280]

ランカウイ旅行写真ギャラリー

Langkawi Sunset
Langkawi Sunset / dmytrok
18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Langkawi,travel’)); ?>

ランカウイの旅行・観光スポット

クア・タウン
マレー半島やペナン島への船が発着するジェティーがある、 ランカウイ島の中心街。免税店が多く立ち並んでいます。
パンタイ・チェナン
ランカウイ島南西部にある最もポピュラーなビーチ。空港からも比較的近い場所にあります。
パンタイ・テンガー
ランカウイ島南西部にある、パンタイ・チェナンの南側に位置するビーチです。
ダタイ・ベイ
ランカウイ島北部にあり、最高級リゾートホテルが立ち並ぶエリアです。
タンジュン・ルー
ランカウイ島北東部にあるホワイトサンドのビーチです。
イーグル・スクエア
ランカウイ島のランドマークである、両翼をいっぱいに広げた鷲の像です。写真スポットとなっています。
アンダーウォーターワールド
パンタイ・チェナンにある水族館です。
グラン・ラヤ
クロコダイル・ファーム
マスリ王女の墓 アイル・ハンガー・ヴィレッジ
アイル・ハンガー・ヴィレッジ

ランカウイの詳細地図

ランカウイ / Langkawiへの移動・交通アクセス

空路・飛行機・空港
ランカウイ国際空港まで、クアラルンプール国際空港から飛行機で約1時間。 シンガポールのチャンギ国際空港からは約1時間30分です。
航路・フェリー・船
ペナン島から、1日3便ほどフェリーが出ており、所要時間は3時間弱です。また、マレーシア西海岸の街、クアラ・ペルリスやクアラ・ケダとの間にも、毎日、相当数のフェリーが就航しています。フェリー・ポートは、ランカウイ島のクアタウンの東側にある港、ジュティにあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク