クアラルンプール旅行記

スポンサーリンク

最新! クアラルンプール旅行記 リンク集

[ad#Adsense 336 280]

カラフルなイメージを紡ぎ出すクアラルンプール / Kuala Lumpur

マレーシアの首都、クアラルンプールは、東南アジアにおいてシンガポール、バンコクに次ぐ第3位に位置する世界都市です。略語を好むマレーシアでは、「Kuala Lumpur」を略して「KL」(ケー・エル)と呼ばれています。

因みに「Kuala Lumpur」とは「泥が合流する場所」という意味です。具体的には、市の中心部にある代表的なモスク、ジャメ・モスクあたりで、ゴンバック川とクラン川が合流していることが名前の由来です。面白いことに、クアラルンプールは中国人の移民者によって、スズの採掘拠点として1857年に開発された都市です。

さて、クアランプールは、いかにも多民族国家であるマレーシアの首都らしく、実にカラフルな文化が混ざり合った雰囲気を醸し出していることが魅力の一つです。実際、タイのバンコクやシンガポールからやってくると、街中を行きかう人々の衣装もハッとするほど鮮やかです!

また、豊かな緑の中に高層ビルが立ち並ぶ東南アジア有数の近代都市でありながら、他の東南アジアの大都市に比べて、市街地がとてもクリーンで治安がいいことも魅力の一つです。

気候は、一年を通じて平均気温が27℃前後で一定しており、年間降水量は東南アジアの主要都市の中でもトップクラス。雨季と乾季の差もあまりはっきりしておらず、大体、夕方から夜にかけて、スコールが降るイメージです。

街の主な見所と言えば、その筆頭に来るのは、ペトロナス・ツイン・タワー / Petronas Twin Towers でしょうか。2003年まで世界一の高さを誇った高層建築で、クアラルンプールのシンボルとなっています。夜間は美しくライトアップされます。41・42階は、タワーをつなぐスカイブリッジとなっており入場可能です。ただし1日の入場人数制限があるので、要注意です。

クアランプールには、ペトロナスツインタワーの近くに、もう一つ、ランドマークとなっている高層建築があります。1995年に完成した高さ421mの通信塔、クアラルンプール・タワー / Kuala Lumpur Tower 又は Menara KL です。 ブキ・ナナスの丘94mに建っているため、ペトロナスツインタワーより高く見えます。

コンクリート塔としては世界一高いそうですが、高さ276mには展望台もあります。空に浮かぶ展望台へは高速エレベーターで約1分で到着!

入場料はありますが、各国の言語で案内しているガイドヘッドフォン(日本語案内有)は、無料です。そのヘッドフォンの案内を聞きながら、1時間に1週回転する展望台からのクアラルンプールの眺めは絶景です!

Merdeka Square
Merdeka Square / AndyLawson

また、ムルデカ・スクエア(独立広場)周辺もお勧めスポットです。ムルデカ・スクエアは、1957年8月31日にマレーシアの独立が宣言された歴史的な場所で、毎年、独立記念日の式典が開かれます。因みに、ムルデカとはマレー語で独立という意味です。

このムルデカ・スクエア周辺には、1909年に建てられた市内最古のモスク、マスジッド・ジャメをはじめ、19世紀後半~20世紀初頭にかけて造られた歴史的・文化的な建物が集まっています。

Petronas Twin Towers
Petronas Twin Towers / rmlowe

クアラルンプールの詳細地図

クアラルンプール / Kuala Lumpurへのアクセス

飛行機・空港
KL市街から約77kmほど離れたところにあるクアラルンプール国際空港 (KLIA、Kuala Lumpur International Airport) には、マレーシア航空と日本航空が、東京(成田)、大阪(関西)から直行便を運行しています。
香港やバンコク、シンガポール経由の経由便を利用して日本からクアランプールに行くこともできます。なお、クアラルンプール国際空港 (KLIA) の国際線ターミナルは、黒川紀章氏による斬新なデザインです。
また、2010年9月21日からは、東京・羽田空港-クアラルンプール間を格安航空会社のエアアジアが運行しています。こちらは、LCC-Tと呼ばれる専用ターミナルに発着します。KLIAターミナルとLCC-Tターミナルは、約10kmほど離れていて、両者の間にはシャトルバス(エアポートライナー)で移動する形となります。
空港から市内へ
KLIAからKL市内までは、タクシー、鉄道、バスなどの交通手段が用意されています。タクシーはクーポン制で、到着階ロビーにカウンターがあります。ただし、到着ロビーにいる白タクには要注意!
空港から約15分間隔で出ているKLIAエクスプレスは、一番早く確実。KLセントラル駅までノンストップで28分で到着します。
バスは、KLセントラル駅をはじめ各地に運行してます。LCCTターミナルからクアラルンプールセントラル駅までのスカイバスは多くの本数が出ています。
長距離バス
クアラルンプールとマレー半島の主要都市との間を運行する長距離バスの多くは、チャイナタウンの近くにあるプドゥラヤ・バスターミナルからの発着となります。構内には約100社にも及ぶバス会社のカウンターが並んでおり、アロースター、イポー、ジョホールバル、マラッカ、キャメロン・ハイランドといった都市とクアランプールを結んでいます。
また、シンガポールやタイのハジャイへ向かう国際バスも運行しています。シンガポールを例に取ると、シンガポールとクアランプール間の所要時間は5~6時間ほとが目安です。
鉄道・列車
マレー鉄道 (KTMB) で、シンガポールやバンコクまで行くことができます。寝台車がおすすめです。
Kuala Lumpur International Airport KLIA
Kuala Lumpur International Airport KLIA / bchow

クアラルンプール旅行お役立ち情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です