ラオス / ルアンパバーン(ルアンプラバーン)旅行記

スポンサーリンク

ラオスの古都、ルアンパバーン(ルアンプラバーン) / Luang Phabang

Luang Prabang Views... (LAOS)
Luang Prabang Views… (LAOS) / Chi King
temple in Luang Phabang
temple in Luang Phabang / ctsnow

ラオス北部、メコン川とカーン川が交わる地点にある山間の街ルアンパバーンは、1975年にラオスに革命が起こり共産主義政権が成立するまでは、王宮が置かれていた古都です。

過去、タイ語からのローマ字表記が使われていたため、ルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記されます。

ルアンパバーンには、今も旧王宮や寺院など数多くの歴史的建造物が残されており、古都としての落ち着いた雰囲気を漂わせています。

1995年に市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産(ルアン・パバンの町)に登録されています。そのため、多くの観光客が訪れるようになり、交通アクセス手段も以前に比べれば格段に行きやすくなっています。

それでいて、都会の喧騒からは程遠く、ゆっくりと時間が流れる静かな街です。まとまった時間を取り、ゆっくりと滞在したいところです。

歴史的建造物としては、1560年にセーターティラート王によって建てられたワット・シエントーン、1513年に建立されたラオス最古の寺ワット・ウィスナラート、町を一望できるプーシーの丘には1804年にアヌルット王によって建立されたタート・チョムシーと呼ばれる仏塔などがあります。

また、街の中心部に位置する旧王宮は、ルアンパバーン国立博物館として利用されています。

ルアンパバーン(ルアンプラバーン)に滞在予定の方は、最大75%OFF!ホテル・リスト&口コミ・評価もチェック!

[ad#Adsense 336 280]

最新! ルアンパバーン(ルアンプラバーン)旅行記 リンク集

ルアンパバーン(ルアンプラバーン)の格安ホテル検索&口コミ・評価
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ・評価・感想などのレビュー情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!

ルアンパバーン(ルアンプラバーン)旅行写真ギャラリー

Luang Phabang, tàak bàat ceremony at the That Luang
Luang Phabang, tàak bàat ceremony at the That Luang / Arian Zwegers
Luang Phabang, Pak Ou caves
Luang Phabang, Pak Ou caves / Arian Zwegers
temple in Luang Phabang
temple in Luang Phabang / ctsnow
on the street in Luang Phabang
on the street in Luang Phabang / ctsnow
18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘LuangPhabang,travel’)); ?>

ルアンパバーン(ルアンプラバーン)の詳細地図

スポンサーリンク
スポンサーリンク