韓国 / 平昌郡(ピョンチャン)旅行記

スポンサーリンク

2018年冬季五輪の開催地・平昌郡 / ピョンチャン

Olympics Pyeongchang 2018 Bid
Olympics Pyeongchang 2018 Bid / { QUEEN YUNA }

韓国の江原道地域の中南部に位置する平昌郡は、全体面積の約65%が標高700m以上の高原地帯で、手付かずの自然が多く残されている地域として知られています。

首都ソウルからは約182km、バスで約2時間30分の距離にあり、、太白山脈の名山である五台山、スキー場のある龍平スキーリゾート(YongPyong Ski Resort、通称ドラゴンバレー)など、豊かな自然環境を楽しむ観光客が訪れる人気リゾート地です。

「韓国のアルプス」とも呼ばれる平昌は、韓国のスキーの歴史の出発点といえる竜平リゾートを中心に、韓国スキーの発展に中心的な役割を果たしてきた地域です。11月から4月までの積雪量が多く、自然にやさしい設計のスキー場や周辺の素晴らしい景観のために人気があり、冬になると大勢の観光客がウインタースポーツを楽しむために訪れます。

2018年には冬季五輪が開催されるため、今後、ますます注目されていくでしょう。2018年冬季五輪の主要拠点となるアルペンシアリゾート団地には、メイン雪上競技場や最新施設を備えたホテル、コンベンションセンター、ウォーターパーク、ゴルフ場などがあり、2018年冬季五輪スタジアムの役割を果たすため、国際的観光名所としての環境を整えているところです。

また、平昌がある江原道地域は、韓国のウィンタースポーツの中心地であるだけでなく、韓国で自然が最もよく保存されている清浄地域。東側は質がよく豊富な砂と深くて透き通った海がある韓国最高の海水浴場が海岸線に絶え間なく続いています。高い山と渓谷が多く、韓国3大ラフティング地域が集まる場所です。

東洋最大規模の高原地帯が広がる大関嶺三養牧場と鬱蒼とした山林がそびえる五台山国立公園、韓国自生植物園、ハーブナラ農園などがあり、年間を通して、自然が醸し出す景色が楽しむことができます。

さて、江原道の特産品と言えば蕎麦です。蕎麦チヂミ、蕎麦ムッ(寒天)、キムチや春雨、豆腐などで作った「あん」を蕎麦粉ベースの生地で巻いたメミルジョンビョン(蕎麦煎餅)など、素朴ながら味わい深い蕎麦料理に舌鼓を打つことができます。

平昌郡に滞在予定の方は、最大75%OFFのホテル・リストもチェック!

[ad#Adsense 336 280]

最新! 平昌郡旅行記 リンク集

平昌郡ホテル – 平昌郡格安ホテル検索
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!

平昌郡旅行写真ギャラリー

18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘pyeongchang,travel’)); ?>

平昌郡の旅行・観光スポット

龍平(ヨンピョン、ドラゴンバレー)スキーリゾート
ドラマ『冬のソナタ』のロケ地の一つとしても有名なスキーリゾートです。各種の国際大会も開かれています。
平昌フェニックスパーク
標高700mにあるスポーツ施設です。
月精寺
平昌自生植物園
大関嶺羊牧場
三養大関嶺牧場:標高850m~1470mにある大規模な草原牧場<です。
金堂渓谷

平昌郡の詳細地図

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です