インド / チェンナイ旅行記

スポンサーリンク

南インド有数の都市、チェンナイ / Chennai

チェンナイは、南インドの東側コロマンデル海岸沿いにあるタミル・ナードゥ州の州都です。インド有数の世界都市で、人口は468万人。2011年の都市圏人口は769万人、1996年にマドラス(Madras)から正式に改名されています。

「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」の名があり、自動車産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んです。

チェンナイに滞在予定の方は、最大75%OFF!ホテル・リスト&口コミ・評価もチェック!

Chennai, train station
Chennai, train station / Arian Zwegers
Marina Beach in Chennai
Marina Beach in Chennai / Faiz Binjai | need to gear up again ;-D
Chennai -Vivekanda House
Chennai -Vivekanda House / Balaji.B
stone art
stone art / Balaji.B
Shore Temple
Shore Temple / Balaji.B
Chennai
Chennai / yashima
Chennai-Street3
Chennai-Street3 / OzMark17

最新! チェンナイ旅行記 リンク集

チェンナイの格安ホテル検索
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ・評価・感想のレビュー情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!
[ad#Adsense 336 280]

チェンナイ旅行写真ギャラリー

IMG_3287
IMG_3287 / sridharan01
18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Chennai,travel’)); ?>

チェンナイの詳細地図

チェンナイの旅行・観光スポット

カパーレシュワレ寺院 / Kapareswarer Temple
Alwarpet地区にあるカパーレシュワレ寺院は、8世紀パッラヴァ朝時代に建立されたヒンズー寺院です。本尊はシヴァ神で、入り口の ゴープラム(搭門)は高さ40m! チェンナイの代表的なヒンズー寺院で、ドラヴィダ文化を代表する建築です。境内にはチェンナイで最も古い神聖なPunnaiの木が有り、木の下には小さな祠があります。
パルタサラーティ寺院 / Parthasarathy Temple
本尊はクリシュナ神のヒンズー寺院。カパレシュワレ寺院と同じく、8世紀パッラヴァ朝時代に建てられています。毎年12月にフェスティバルが開催されます。
アシュタ・ラクシュミ寺院 / Ashta Lakshmi Temple
白色のゴープラムを持つ、美しいヒンズー寺院。1976年に建立された新しい寺院で、ドラビダ文化の現代様式建築です。隣には、キリスト教のヴェランカニ教会があります。
アルメニア教会 / Armenian Church
1772年にチェンナイに入植したアルメニア人によって建設された教会です。最高裁判所向かいのアルメニア通り(Armenian Street)にあり、6つの鐘を取り付けた雄大な鐘楼があります。
千灯回教寺院 / Thousand Light Mosque
Anna SalaiとPeter’s Roadの交差点にあるチェンナイで最も有名なモ スクです。モスクを建築時、1000以上のランプで照らしたという逸話から、「Thousand Light Mosque」と呼ばれています。3つののドームがあり、壁に聖なるコーランの絵が描かれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク