インド / アグラ旅行記

スポンサーリンク

3つのユネスコ世界遺産があるアグラ / Agra

ニューデリーの南南東約200kmほどの距離にある、ガンジス川最大の支流ヤムナ川沿いの人口130万人の都市がアグラです。古代より交通の要所として発展し、周辺地域における政治、経済、文化の中心地です。

アグラは、古代叙事詩の『マハーバーラタ』では、アグラヴァナと表記され、3世紀にプトレマイオスが制作した世界地図にも記されている古くからある都市です。

16世紀初頭、最後のデリー・スルタン朝であるロディー朝がアグラに都を定めています。また、ロディー朝を倒して1526年にムガル帝国が建てられ、その3代皇帝のアクバル時代にも都となっています。5代皇帝のシャー・ジャハーンは、愛妃ムムターズ・マハルの死を嘆き、この街にタージ・マハル廟を建てたことは、あまりに有名です。

このタージ・マハルをはじめ、ムガル帝国3代皇帝のアクバルが建てたアーグラ城塞、ファテープル・シークリーと、ユネスコ世界遺産に登録された遺跡が3つもあることで知られています。

アグラに滞在予定の方は、最大75%OFF!ホテル・リスト&口コミ・評価もチェック!

Agra, Taj Mahal
Agra, Taj Mahal / Arian Zwegers
Agra
Agra / michaelvito
Agra Fort or the Red Fort.
Agra Fort or the Red Fort. / paulswansen
Agra
Agra / michaelvito
Agra
Agra / michaelvito
Agra Fort
Agra Fort / Helen Flamme
Agra Fort
Agra Fort / rachaelvoorhees
Fatehpur sikri
Fatehpur sikri / kanjiroushi

最新! アグラ旅行記 リンク集

アグラの格安ホテル検索
エリア別に検索・予約が可能なホテル・リストです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ・評価・感想のレビュー情報がとても豊富です。しかも情報は毎日更新!
[ad#Adsense 336 280]

アグラ旅行写真ギャラリー

18, ‘type’ => ‘public’, ‘tags’ => ‘Agra,travel’)); ?>

アグラの詳細地図

アグラの旅行・観光スポット

タージ・マハル / Taj Mahal
市街の東、ヤムナ川近くにある墓廟です。ムガール朝5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃のムムターズ・マハルの死を悼み、22年の歳月をかけて1653年に完成した白亜の霊廟です。東西南北どこから見ても同じデザインの高さ60mのドームが基壇の上に載り、四隅に高さ42mの尖塔が立っています。1983年世界遺産に登録されています。
アグラ城 / Agra Fort
タージ・マハルの北西2km、ヤムナ川河畔に建つ、ムガル帝国の栄光と権力を象徴する美しい城塞です。ムガル帝国3代皇帝のアクバルが建設を開始し、その後18世紀初頭まで建設が続けられました。赤砂岩で囲まれた城塞の中には、宮殿などの諸施設が建てられ、タージ・マハルの建設を命じたシャー・ジャハーンが7年間幽閉されていた囚われの塔(ムサンマン・ブルジュ)も、城壁の中にあります。南門から入場できます。1983年世界遺産に登録されています。
ファテプール・シクリ / Fatehpur Sikri
ムムガル帝国3代皇帝のアクバルが建てた首都宮城で、アグラの西南西40kmにあります。1574年にアグラから遷都して約14年間にわたり政事を行いましたが、水不足や酷暑で1588年で廃都となり、現パキスタンのラホールに都を移し、さらに1598年に再びアグラに遷都しています。 周囲11kmの長方形の城内に赤砂岩のイスラム寺院や宮殿が建ち並び、当時の姿が残されています。 1986年世界遺産に登録されています。
アクバル廟 / Akbar’s Tomb
  アグラ郊外北西10km、シカンドラ / Sikandraにあるムガール朝3代皇帝アクバルの墓廟です。アクバル帝が存命中に建設が開始され、1605年の没後、1613年に息子のジャハンギールが完成させています。アクバルが好んだと言われる赤砂岩と、ジャハンギール好みの白大理石が混在する形の建物です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク